マレーシア留学
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーシア留学に愛され、マレーシア留学を愛する男 スラマッパギー荒木のブログ

マレーシア専門留学エージェント株式会社荒木隆事務所のオフィシャルブログ

マレーシア留学|マレーシアのボーディング留学〜グローバル教育

人気ブログランキングへ にほんブログ村 マレーシア情報

f:id:araki-takashi-malaysia:20170426185716j:plain

マレーシアのボーディング・スクール留学

 

マレーシアが世界に誇る最先端のグローバル教育

ボーディング・スクールは、欧米では古くから高等教育機関の代名詞として、その存在を示しています。教育の質の高さや、出身者の活躍が、歴史を支えているのです。マレーシアには、その中でも最も格式高いともいわれる英国式ボーディング・スクールが数多く存在します。それらは、イギリス本国でも一流といわれるエプソム・カレッジ、マルボロ・カレッジを始めとした本格的な英国式ボーディング・スクールです。これらのスクールでは、教師の90%以上をイギリス本国から呼び寄せたり、本校の出身者などスクールと深い関わり合いのある者で構成したりするなど、様々な工夫をして、マレーシアでありながらイギリス留学と同様の環境を備えています。

 

f:id:araki-takashi-malaysia:20170426185843j:plain

ボーディング・スクールに評価が集まる理由は、学習指導と生活指導を通して24時間体制でプロフェッショナルの教育が受けられることにあります。これらの高度な教育が目指すものは、寛容性、忍耐力、交渉力、問題解決能力、コミュニケーション能力を身につけることです。英語力、学力、スポーツや芸術だけでなく、幅広い科目の履修を通して、グローバルに羽ばたく人材の育成を目指しています。

 

f:id:araki-takashi-malaysia:20170426185901j:plain

そして、マレーシアの英国式ボーディング・スクールが世界に誇る最先端のグローバル教育は、従来の教育とは一線を画します。まず、従来の教育で求められたのは、「正解」を暗記すること、または、正解を導き出す「正確」な数式を解くことでした。これらは、日本の教育機関で教師が一方的にレクチャーするスタイルで提供されています。しかし、ボーディング・スクールの授業は、このような一方的なものではありません。ディスカッション・ディベート・プレゼンテーションを主体としたスタイルで、生徒自身が積極的に参加して進めていくのです。そして、そこでは「正解」「正確」な答えだけが求められるわけではありません。むしろ、これらの1つの答えでは規定できない、知識と思考力に裏付けられた「自ら導き出した答え」が求められるのです。マレーシアの英国式ボーディング・スクールでは、これらの高度な学習を通して、英語力、学力だけでなく、パーソナリティの形成にも関与します。

 

f:id:araki-takashi-malaysia:20170426185915j:plain

最後に、文部科学省が発表しているグローバル人材の要素に、次のようなものがあります。「幅広い教養と深い専門性、課題発見・解決能力、チームワークと(異質な者の集団をまとめる)リーダーシップ、公共性・倫理観、メディア・リテラシー等」これらはまさに、マレーシアの英国式ボーディング・スクールの理念や教育の目標に合致します。このように、マレーシアが世界に誇る最先端のグローバル教育は、これからの時代に求められる教育スタイルを実現しているのです。

 

マレーシア留学専門エージェント

株式会社荒木隆事務所のオフィシャルサイト

 

スラマッパギー荒木のFacebookページ

海外で子供を育てたい

 

 

araki-takashi-office.hatenablog.com

araki-takashi-office.hatenablog.com

araki-takashi-office.hatenablog.com

araki-takashi-office.hatenablog.com

araki-takashi-office.hatenablog.com

araki-takashi-office.hatenablog.com

araki-takashi-office.hatenablog.com

 

 

araki-takashi-office.hatenablog.com

araki-takashi-office.hatenablog.com

 

 

araki-takashi-office.hatenablog.com

araki-takashi-office.hatenablog.com

araki-takashi-office.hatenablog.com