マレーシア留学

マレーシア留学専門エージェント株式会社荒木隆事務所

マレーシア専門留学エージェント株式会社荒木隆事務所のオフィシャルブログ

海外留学の費用を比較してみると驚きの結果が!

f:id:araki-takashi-malaysia:20170412082107p:plain

 

 英語を本気で勉強したい、世界で活躍できる「グローバル人材」になりたい。グローバル化がどんどん進む中、スキルアップを考える方が増えたのではないでしょうか。

 

今後の将来について考える上で、世界に通用するために必要な英語力やコミュニケーション能力、異文化への理解、実務経験を身につけることは必須といえるでしょう。

そして、それらの能力を身につけるために、海外留学について真剣に考える方はきっと多いはずです。

 

では、実際に海外留学をしようと計画を立てていく中で、何より重要なのが「どのくらい費用がかかるのか」ではないかと思います。

 

もちろん「何を学びたいか」「どんな経験を積みたいか」「どの国にするか」など考えることは重要です。しかしそれ以前にまず大学であれば4年間、トータルでどのくらい費用がかかり、留学に向けて十分な準備ができるまで、果たしてどのくらい準備期間が必要であるかを第一に計画立てする必要があります。

 

そこで実際に、日本の国立大学と私立大学と比較しながら、年間の費用について下記の表にまとめてみました。

 

学費/年

日本:国立大学  

約150万

日本:私立大学  

約 200万

アメリカ 

約200~400万

カナダ

約180~300万

オーストラリア 

約180~400万

イギリス

約300~450万

ニュージーランド

約250~270万

マレーシア

約80〜120万

※ 日本の大学の学費は平均値を表記。海外の大学は、大学により学費が異なるため、幅のある金額としています。

 

上記の比較表では、学費と生活費の平均を計算しています。こうやって表にしてみると、日本の大学は海外の大学と比較しても決して安いわけではないことがわかります。日本はカナダやオーストラリアの大学と費用だけを見れば、同じくらいかかります。

 

上記表において注目すべきはマレーシアの大学です。マレーシアの大学については言えば、学費は欧米の大学の約1/3で済みます。マレーシア国内にはアメリカやイギリスの分校が多く存在し、欧米の大学と同等レベルの教育を受けることができます。

 

また、マレーシアにいながら欧米の大学の単位を取得できるツイニングプログラムや、欧米の大学へ編入することも容易なため、比較的柔軟に単位取得ができます。

ツイニングプログラムなどの詳細については、下記のサイトに記述しています。

 

マレーシアツイニングプログラムの魅力

URL: http://araki-takashi.com/university/expenses/

 

今まで敷居が高いと思われていた海外留学が、マレーシアの大学のおかげでより身近で現実味を帯びた選択肢になっていることは間違いないと思います。

 

マレーシア留学専門エージェント

株式会社荒木隆事務所のオフィシャルサイト

 

スラマッパギー荒木のFacebookページ

海外で子供を育てたい