読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーシア留学に愛され、マレーシア留学を愛する男 スラマッパギー荒木のブログ

マレーシア専門留学エージェント株式会社荒木隆事務所のオフィシャルブログ

マレーシア留学|小学生からのボーディング留学〜小学校からの英語教育

人気ブログランキングへ

f:id:araki-takashi-malaysia:20170418150622j:plain

小学生のボーディング・スクール留学について

 

小学生から学ぶ英語について

 

ボーディング・スクールは、主に小学校高学年からの生徒を対象にして、ボーディング受け入れを開始します。24時間英語で生活し、世界基準のカリキュラムを学ぶこれらの環境は、学力だけでなく、英語の高度な習得を目指します。一般的に小学生から留学した子どもの英語力は、大変高度です。発音やコミュニケーション力がネイティブ並に発達することも期待されています。

 

まず、英語で履修~生活するボーディング・スクールでは、留学生の多くが、ESL、EALなど、スクールが備えた英語補習授業を履修します。ESLはEnglish as a Second Language(第二言語としての英語)、EALはEnglish as an Additional Language(追加言語としての英語)の略称です。呼称に違いはありますが、概ね同じものです。スクール選びのポイントに、これらの補習体制が整っていることを加えてください。

 

そして、小学校高学年10~11歳は、母語がほぼ完成しています。バイリンガル教育に興味がおありの方にとっては、母語の完成はあまり良い印象ではないかも知れません。しかし、人間にとって母語の獲得は同時に、母国を持つことを意味します。それらを持たずに人は、豊かに生きることはできません。その後に形成されるアイデンティティ、パーソナリティにも大きな影響を及ぼすからです。また、母語第二言語である英語習得になくてはならないものとして大きな役割を果たすのです。

 

f:id:araki-takashi-malaysia:20170418150739j:plain

ボーディング開始年齢の小学校高学年になると、大人に近い語彙と思考を獲得します。そして、母語である日本語が、第二言語として習得する英語を強力にサポートするのです。また、それによって、難しい日本語、難しい概念を理解するようになります。この「難しい」ものを理解していることが英語の高度な習得に繋がるのです。なぜなら、学習過程の英語では難しいものを理解することはできないからです。日本語で理解したものを、英語に置き換えていく、このような作業が高度な英語を習得するためのベースになります。

 

次に、人間の思考する力は、言語の習熟度と比例します。そのため、ボーディング・スクールで履修するグローバル教育、全人教育の際に求められる思考力、問題解決能力などの高度な思考を支える際にも、母語はなくてはなりません。

最後に、小学生からのボーディング・スクール留学は、多くの場合、その後の思春期も海外で過ごすことになります。そこで、母語と母国の獲得が、海外で暮らす子どもの精神の成長を強い力で支えるのです。IB国際バカロレアの命題に次のようなものがあります。「私たちは誰なのか」「私たちはどのような時代と場所にいるのか」小学校高学年からのボーディング・スクール留学では、このような難しい命題に向かって、日本語と英語、2つの言語を使って、考え、表現する豊かな自己の確立を目指します。

 

マレーシア留学専門エージェント

株式会社荒木隆事務所のオフィシャルサイト

 

スラマッパギー荒木のFacebookページ

海外で子供を育てたい

マレーシア留学|生き方に迷う日本の若者たち

人気ブログランキングへ

f:id:araki-takashi-malaysia:20170418074942j:image

最近、毎日のようにメールや電話でマレーシア留学相談問合せがあります。

弊社は幼稚園から大学院までサポートしているので、色々な世代の方から連絡が来ますが、このところ現役大学生や大学卒業後の方が多くなって来ました。

 

日本の教育制度の中では比較的優秀な部類に入るであろう学校に在校や卒業しているにも関わらず、どうしてこの人たちは自分の人生に迷っているのかなぁと思うと、現在の日本教育制度の頼りなさを痛感するところですね。

 

大勢の方が勘違いされていますが、マレーシアに限らず海外留学というものは言語習得だけが目的ではありません。

言語習得はあくまで手段に過ぎず、海外留学を通して生き方を学び、世界を知り、時代を感じる事ができるのです。

 

このような欲求を満たす事が出来ていない、母国日本の教育制度は本当に良いものなのか?

偉そうな事を言う気はありませんが、留学エージェントを生業としている者として日々感じるのも現実ですよね。

 

留学エージェントに留学相談に来てくれた人たちが、結局人生相談をして帰って行く。

嘘のような本当の話です.....。

 

 マレーシア留学専門エージェント

株式会社荒木隆事務所のオフィシャルサイト

 

スラマッパギー荒木のFacebookページ

海外で子供を育てたい

マレーシア留学|小学生からのボーディング留学〜入学テストの難易度

人気ブログランキングへ

f:id:araki-takashi-malaysia:20170417201932j:plain

小学生のボーディング・スクール留学について

 

ボーディング・スクールの入学基準

 

小学生からのボーディング・スクール留学は、入学難易度が易しいことが特徴です。世界のトップ・ステージを目指す一方で、英語力、学力において多くのスクールでは、高度なものを求められません。なぜなら、優れたグローバル教育・全人教育では、低年齢の子どもたちの能力開発は、個性や可能性を最大限に引き出すことからだと考えるためです。小学生は、英語、学問、スポーツや芸術など、どの分野においても多くの可能性を秘めています。この時期の子供たちは、メンタル・フィジカルの成長が著しく、また、周囲の影響を多大に受けます。そして、能力の現れ方は、教育によって顕著な違いを見せるのです。最先端のグローバル教育・全人教育を提供しているボーディング・スクールでは、子どもたちの才能、英語力、学力、体力、感性において、適した指導をしてきた実績があるのです。

 

入学基準については、国やスクールにより幾らかの差異はありますが、留学生の受け入れに熱心であるほど、求められる英語力は易しくなります。英語の基礎力があれば、日本の公立小学校からの留学も可能です。入学試験の内容は、数回の面接、作文、いくつかのアンケートなどで構成されています。それらを読み、書くことができる程度の英語力で、入学可能なスクールも多数あります。また、学業成績を問わない場合は、代わりに認知能力試験などを実施します。成績ではなく、学習によって伸びる可能性を測ることで、より優れた才能の芽を探しているのです。

 

f:id:araki-takashi-malaysia:20170417202041j:plain

また、ボーディング・スクールでは、世界基準の大学入学資格取得のための履修が、高校2年生から始まります。小学生からの留学は、それらの高度な学習に適したベースを築く時期です。より早期からの留学が、高い効果をもたらすことは周知の事実です。小学生からのボーディング・スクール留学は、英語の早期教育の実現だけにとどまりません。世界基準の学習に備えた一連のカリキュラムの履修を通して、多くの可能性にチャレンジする機会を得られるのです。

 

そして、ボーディング・スクールでは、スポーツ、芸術などの履修にも大変力を注いでいます。一概に成績を問わなくても、何か秀でるものをきっかけにして、その他の能力を伸ばすことは十分可能だからです。このようにして、ボーディング・スクールでは、学力のみに偏重した教育では伸ばせなかった多くの才能を見出します。さらに、少人数制で適切な教育の機会を提供し、これまでにない優れた学習者に育てていきます。子どもの活躍する場面は、学業だけでなく、実に多様な場面にあることもボーディング・スクールの魅力なのです。

 

 

マレーシア留学専門エージェント

株式会社荒木隆事務所のオフィシャルサイト

 

スラマッパギー荒木のFacebookページ

海外で子供を育てたい

マレーシア留学|小学生からのボーディング留学〜グローバルスタンダードとは

人気ブログランキングへ

f:id:araki-takashi-malaysia:20170416221926j:plain

 

小学生のボーディング・スクール留学について

 

世界基準の教育が子どもの未来を切り開く

 

小学校からの英語履修が始まり、改めて海外留学に注目が集まっています。近年増加傾向にある高校留学では、大変高度な英語力、学力を求められる一方で、小学生からの留学は易しい傾向にあります。より早期の留学は、適応力、英語、学問の学習においても優れた成果を期待されています。ボーディング・スクールは、世界基準の大学入学資格取得までを履修する高等教育機関です。これは、日本の高校卒業と同程度の資格ではありません。それ以上の世界基準の資格です。

 

高度な学習を支えるベースの強化に熱心な取り組みをする全人教育・グローバル教育の現場では、子どもの伸びやかな成長を第一に考えています。英語、学問、スポーツだけでなく、芸術やアクティビティへの参加など、指導内容は多岐に渡ります。これらのカリキュラムが目指すものは、英語、学問の優れた成績だけにとどまりません。目の前の事象に興味を示すこと、自らの頭で考え・解決することなど、能動的・積極的に取り組む姿勢を育むことにもあるのです。ボーディング・スクールにおける小学生の履修内容は、中学生以上、主に高校生からの高度な課題に備え、学習のベースを築きます。本質的な理解力へのアプローチをするのです。例えば言語では、読む・書く・文法だけでなく、高度な文章力を伸ばすことにも力を注ぎます。その他、数学の理解、科学への洞察、ICTの応用、歴史、内在的な探究心など、一般的な科目履修を通してこのような様々な課題に取り組みます。教師たちはそれぞれスクールにゆかりのある者、専門的な教育を受けた者など、選び抜かれたプロフェッショナルが揃っています。

 

f:id:araki-takashi-malaysia:20170416222206j:plain

グローバル教育・全人教育で用いられるのはIB国際バカロレア、IGCSEなどの世界基準のカリキュラムです。英語・学問・スポーツ・芸術にいたるまで、あらゆる科目を履修します。また、ボーディング・スクールは、広大な敷地にそれぞれの専門施設や専門教室が備えられています。科学ラボ、ICT教室などだけでなく、音楽練習室や美術室なども、本格的な仕様になっています。また、スポーツ施設の充実度にも定評があります。その他、中~大型の劇場があり、演劇、ダンスや音楽などの発表をします。芸術に親しむことは、表現力を身に付ける上で、なくてはならないものなのです。ボーディング・スクールでは、学習者である子どもたちに、授業に参加することを求めます。それは、自らの意見や考えを述べる力を養うためです。このような場面で、芸術で学んだ表現力を問うのです。情操教育で内面の豊かさを育むことは、英語力、学力に対しても、また、パーソナリティ形成においても有効であるといわれています。このように、小学生からのボーディング・スクール留学は、広大で優れた施設、カリキュラム、教員や多くの専門スタッフなどが子どもたちに最良の教育を施し、未来への積極的なアプローチをしているのです。

 

マレーシア留学専門エージェント

株式会社荒木隆事務所のオフィシャルサイト

 

スラマッパギー荒木のFacebookページ

海外で子供を育てたい

マレーシア留学|クアラルンプールを100倍楽しむ

人気ブログランキングへ

f:id:araki-takashi-malaysia:20170416095245p:plain

今回は、クアラルンプールでおすすめできるスポットをカテゴリ別にわけてみました。

 

特別な日に特別な人と

f:id:araki-takashi-malaysia:20170416095334p:plain

  1. Marini’s on 57:ペトロナスツインタワー 57階にあるイタリアンレストランです。

住所:Level 57, Menara 3 Petronas, Persiaran KLCC, 50088 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur,

URL: http://marinis57.com/

 

  1. Thirty8 Restaurant:Grand Hyatt ホテルの 38階にあるレストランで、刺身などの日本食も堪能できます。

住所:Grand Hyatt, 12, Jalan Pinang, 50450 Kuala Lumpur, Federal Territory of Kuala Lumpur

URL: https://kualalumpur.grand.hyatt.com/en/hotel/dining/THIRTY8.html

 

  1. Hemisphere: インフィニティプールがあるレストラン&バーで、レガリアレジデンスの 37階にあります。

住所:Regalia Residence, 2, Jalan Sultan Ismail, Chow Kit, 50480 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur,

URL: http://www.hemispherekl.com/

 

おすすめのレストラン

f:id:araki-takashi-malaysia:20170416095502p:plain

  1. BijanRestaurant: マレーシアの料理

住所:No 3 Jalan Ceylon 50200 Kuala Lumpur

URL: http://www.bijanrestaurant.com/contact.html

Lumpur,

URL: http://baan26.com/

 

  1. Twenty-one : ヨーロッパ料理

住所:20-1, Changkat Bukit Bintang, Bukit Bintang, 50200 Kuala Lumpur

URL: http://www.drbar.asia/

 

  1. Betel Leaf : インド料理

住所:77A Leboh Ampang 50100 Kuala Lumpur

URL: http://www.betel-leaf.com/

 

  1. El Cerdo: スペイン料理

住所:43 & 45, Changkat Bukit Bintang 50200 Kuala Lumpur

URL: http://elcerdokl.com/

 

  1. Nasi Ayam Hainan Chee Meng: 中華料理

住所:1, Jalan Klang Lama, 58000 Kuala Lumpur,

URL: http://www.cheemeng.com.my/

 

  1. BlueBoy Vegetarian Food Centre: アジアンベジタリアン

住所:Jln Tong Shin, Bukit Bintang, 50200 Kuala Lumpur

 

  1. Kyöchon 1991: 韓国料理

住所:Utama Shopping Centre, Lebuh Bandar Utama, Bandar Utama, 47800 Petaling Jaya, Selangor

URL: https://www.kyochon.com.my/

 

  1. 一風堂:もちろん日本のラーメン

住所:Lot C4.07.00, Connection Level 4,Pavilion KL

URL: http://www.ippudo.com.my/

 

ショッピングモール

f:id:araki-takashi-malaysia:20170416095755p:plain

 

  1. Berjaya Times Square: ツインタワーの複合施設

住所:1, Jalan Imbi, Imbi, 55100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

URL: https://www.berjayatimessquarekl.com/

 

  1. Sungei Wang Plaza

住所:Sungei Wang Plaza, Jalan Bukit Bintang, Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur

URL:http://www.sungeiwang.com/

 

  1. Low Yat Plaza: マレーシア最大のデジタルモール

住所:7, Jalan Bintang, Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur

URL: http://plazalowyat.com/

 

  1. Sunway Pyramid Mall: Sunway ラグーン隣にあるショッピングモール

住所:No.3, Jalan PJS 11/15, Bandar Sunway, 47500 Subang Jaya, Selangor

URL: https://www.sunwaypyramid.com/

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

マレーシア留学専門エージェント

株式会社荒木隆事務所のオフィシャルサイト

 

 

スラマッパギー荒木のFacebookページ

海外で子供を育てたい

 

マレーシア留学|小学生からのボーディング留学

人気ブログランキングへ

f:id:araki-takashi-malaysia:20170416000805j:plain

小学生のボーディング・スクール留学について

 

ボーディング・スクールは、グローバル教育・全人教育の場として知られる全寮制の寄宿学校です。小学生からの単身留学に適したスタイルとして注目されています。スクールによりボーディング開始年齢に違いがありますが、多くは小学校高学年(5年生程度)から受け入れを開始します。成長著しい小学生の留学は、学習、英語習得、フィジカル・メンタルの成長に、より深く関与します。近年増加傾向にある高校留学は、難易度の高さが障害となります。しかし、より早期の留学は、学力、英語力において高度なものを求められず、一方で入学後には高度な教育を受けられるなど、メリットと効果を期待されます。5回に分けて小学生のボーディング・スクール留学についてご紹介します。

 

f:id:araki-takashi-malaysia:20170416000909j:plain

小学生のボーディング・スクール留学の概要

 

小学生の単身留学を可能にするボーディング・スクールは、学習~放課後~就寝にいたる24時間体制で教育を施しています。オプションでより早期留学を可能にしているスクールもありますが、小学校高学年(5年生程度)からの受け入れが一般的です。小学生にとって、親元を離れて暮らすことは大変な試練です。兄弟、姉妹と同室にするオプションなどを利用して、より快適な環境でスクール・ライフを送ることも可能です。安心して暮らし、学ぶための配慮の行き届いたボーディング・スクールは、小学生の留学には最良の選択肢として期待を集めています。

 

ボーディング・スクールで用いられるカリキュラムは、グローバル教育・全人教育として高い信頼を集めるIB国際バカロレア、IGCSEなど、世界のトップ・ステージを目指すものです。それらの高度な学習を支える英語習得において、小学生からの留学は、よりネイティブに近いものを期待されます。努力次第では、発音におけるネイティブ・レベルの獲得が可能です。また、母語の完成は10歳頃といわれています。小学校高学年からのボーディング・スクール留学は、より優れた英語習得が期待される一方で、ダブル・リミテッド・バイリンガルや、セミリンガルといわれるような言語に不自由をもたらす深刻な影響が見られないことからも適切な時期であるといえるでしょう。

 

また、入学基準において、学力、英語力が中学生よりも易しく設定されています。英語の基礎力があれば、日本の公立学校からの留学も可能です。生活~学習にいたるまで、全ての場面で英語を使用するため、留学生を対象にした英語補習クラスを設けているスクールを選択することで、留学の可能性、その後の学力、英語力の向上を期待できるでしょう。

 

このように、ボーディング・スクールは、世界のトップ・ステージへ早期に踏み出すために、様々な配慮が行き届いた快適な環境を提供しています。子どもの伸びやかな成長と、将来のグローバルな活躍のためのステップとして、最良の選択肢として注目を集めているのです。

 

マレーシア留学専門エージェント

株式会社荒木隆事務所のオフィシャルサイト

 

スラマッパギー荒木のFacebookページ

海外で子供を育てたい

マレーシア留学|中学生からのボーディング留学〜その後の進路

人気ブログランキングへ

f:id:araki-takashi-malaysia:20170414221724j:plain

高校生からの学習と進路について

 

ボーディング・スクール留学の適齢が中学生であることは、前述したとおりです。世界基準の大学入学資格取得に向けた学習が始まる高校2年生までに留学していることが、学習・入学基準においても有利であること、また、フィジカル・メンタルの成長の過程である中学生は英語習得、学習効果、環境適応においても高度なものが期待されるからです。そこで、中学生からのボーディング・スクール留学の先の進路と、可能性についてご紹介します。

 

f:id:araki-takashi-malaysia:20170414221824j:plain

まず、世界基準の大学入学資格取得を目指すボーディング・スクールでは、高校での履修内容が大変高度です。高校1年生で、日本の高校卒業相当のすべての課程を修了します。そして、高校2年生からの約2年間で、日本の大学1~2年生相当の一般教養課程/短大卒業相当の履修を終えるのです。日本の高校卒業資格での海外大学進学の際は、一般教養課程を学ぶファウンデーション・コース修了とともに進学可能になります。一方、ボーディング・スクールでは、イギリス連邦諸国をはじめとした世界基準の大学入学資格に対応しているので、卒業後すぐに大学進学が可能です。また、中学生から留学することのメリットは、これらの学習に対する準備だけでなく、海外での単身生活に適応していることで、高校生からの高度な学習に移行しやすいことです。

 

f:id:araki-takashi-malaysia:20170414221846j:plain

そして、ボーディング・スクールで取得する世界基準の大学入学資格の一番のポイントは、世界上位1%の大学進学を視野に入れて学習することにあります。IB国際バカロレア、IGCSEなどで上位成績を取ることは、世界のトップ・ステージへエントリーすることになります。イギリスのオックス・ブリッジ、アメリカのIVYリーグなど、進学の夢が広がります。さらに、ボーディング・スクールは大学進学率がほぼ100%であることからも、いかに高度な教育機関であるかが伺えるでしょう。

 

また、ボーディング・スクールの出身者であることは、それだけで一種のステータスの役割を果たします。世界のトップ・ステージへのパスポートのような側面があるのです。そして、生徒同士のつながりを大切にするボーディング・スクールでは、同級生だけでなく、多くの上級生、下級生と交流する機会があります。ボーディング・ハウスでの生活、アクティビティ、選択授業など、その機会は多岐にわたります。スクールで培った人脈は、生涯に渡って個人を支える貴重な財産となるのです。

 

f:id:araki-takashi-malaysia:20170414221904j:plain

これまで見てきたように、中学生からのボーディング・スクール留学は、高度な英語習得、学習効果、早期の自立を支える豊かな人脈とパーソナリティの形成など、多くの可能性を秘めているのです。

 

マレーシア留学専門エージェント

株式会社荒木隆事務所のオフィシャルサイト

 

スラマッパギー荒木のFacebookページ

海外で子供を育てたい